【ガンプラレビューブログ】HG グリムゲルデ(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

シェアする

グリムゲルデ

ピコ(@gunpla3)です!

今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」よりHG グリムゲルデのガンプラをレビューします!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

HG グリムゲルデの基本情報

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」より、グリムゲルデがHGシリーズでラインナップ!
(Amazonより)

機体名(MS):グリムゲルデ
登場作品:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
グレード:HG
スケール:1/144
発売日:2016/2/13
参考価格:¥1296(Amazon¥942 2017/12/4現在)

組み立て(素組み)

説明書確認

グリムゲルデ

パーツ一覧

箱を開けた感想はとにかくパーツ数が少ない!グリムゲルデは今まで作った他のHGシリーズの中でも1、2を争うくらいの少なさですね。

こんなに少ないパーツであれだけカッコ良いガンプラになるとは驚きました。

グリムゲルデ

グリムゲルデ

グリムゲルデ

部分組み

部分的に組み立てた状態です。パーツ数も少ないのであっという間に組み上がります。

グリムゲルデ

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れはメリハリを効かせるために「ガンプラマーカースミ入れ用・極細」のブラックで行いました。

あまりハッキリ線を出したくない人はグレーでも大丈夫です。

グリムゲルデ

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

グリムゲルデは赤いボディーカラーが特徴のスタイリッシュなガンプラです。

濃い赤は派手かなと思いましたが、スタイリッシュなシルエットと合わさりカッコ良さが際立ちます!

武器はライフルとサーベルがあります。ライフルは長身でインパクトあり、仕込み型のサーベルはアクション性が高く躍動感が出るのでどちらも満足度が高いです。

可動域も問題ありませんが、自立させるだけでも写真映えするカッコ良いガンプラですね。

グリムゲルデ

グリムゲルデ

グリムゲルデ

グリムゲルデ

グリムゲルデ

HG グリムゲルデのガンプラレビュー

今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」よりグリムゲルデのガンプラを制作しました!

ガンダムバエルも好きですが、グリムゲルデもどことなくタイプが似てるかなと思い購入しました。結論から言うとスタイリッシュでかなり自分好みのガンプラでした!

初めに驚いたのはパーツ数の少なさ!過去に作成したHGシリーズで一番少ないのではと思うほどです。

完成写真を見るとカッコイイ機体デザインですが、これがこの少ないパーツで出来上がるかと思うと驚きですね。

パーツ切りもサクサクと終了。組み立ても左右の向きさえ間違えなければ難しい箇所もありません。

パーツ切りから組み立てまで1.5~2時間程度で終了しました。早い!

スミ入れは「ガンプラマーカースミ入れ用・極細」を使用しました。ブラックを使いましが線がハッキリしすぎたかも。あまりハッキリさせたくない人はグレーの方がおすすめです。

グリムゲルデは赤い色が特徴的なガンプラですが、シルエットはとてもスタイリッシュで品の良さも感じます。足の形状などはかなり好みですね。

付属の武器は銃とサーベルがあり、銃は長く写真映えします。サーベルは両腕の盾部分に仕込む形になっており、こちらもカッコイイですね!

可動域も広いのでアクション性が高く、ポロリなどのパーツ落ちもありません。かなりグリグリ動かしても大丈夫でした。

改造イメージとしては汚さずにさらにキレイに作っていきたいですね!全体的なシルエットも好みなので、グリムゲルデをベースにミキシングにも挑戦したいです。

他に自分の好きなガンダムヴィダールやガンダムバエルと一緒に並べたいですね。値段も安いのでもう一つ欲しいくらい。

グリムゲルデは鉄血のオルフェンズシリーズが好きな人や、スタイリッシュなガンプラが好みの人におすすめの一品です!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HG グリムゲルデ(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽ガンダムマーカー スミいれ用 ブラック 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック