シェアする

【ガンプラレビューブログ】HG ガンダムヴィダール(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

ガンダム ヴィダール

ピコ(@gunpla3)です!

今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」よりHG ガンダムヴィダールのガンプラをレビューします!

HG ガンダムヴィダールの基本情報

サーベル装備のスタイリッシュな新たなるガンダム・フレーム機体が登場!
特徴的なサーベルやハンドガンなど付属パーツが充実!
【付属品】サーベル×1、ライフル×1、ハンドガン×2
【商品内容】成形品×4、ホイルシール×1、組立説明書×1
(Amazonより)

機体名(MS):ガンダムヴィダール
登場作品:機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ
グレード:HG
スケール:1/144
発売日:2016/12/3

組み立て(素組み)

パーツ数は他のHGシリーズと比べても少なめで、手軽に作ることができます。

ガンダム ヴィダール

部分的に組み上げた状態。サーベルなど細いパーツは折らないように気をつけましょう。

ガンダム ヴィダール

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

ガンダムヴィダールは黒いパーツも多いですが、水色のパーツのミゾに「ガンダムマーカー スミ入れ用」を使うと簡単にディティールアップします。

ガンダム ヴィダール

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

スタイリッシュな機体デザインと豊富な武器でポージングもカッコ良いですね!

個人的には二丁拳銃が好きです。(笑)

ガンダム ヴィダール

ガンダム ヴィダール

ガンダム ヴィダール

ガンダム ヴィダール

HG ガンダムヴィダールのガンプラレビュー

今回は「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」よりガンダムヴィダールのガンプラを制作しました!

最近は特に鉄血のオルフェンズシリーズのガンプラにハマっており、2つに1つは作っていますね。(笑)

このガンダムヴィダールも前々から作ってみたいと思っていたガンプラなので、とても楽しみにしていました。

箱を開けてみると、メインのランナーは3つとパーツがかなり少ないです!これはガンプラ初心者でも作りやすい!

細かいパーツが多いですが、普通に注意しながらパーツ切りをすれば全く問題ありません。

組み立ても難しい所はありませんが、サーベルなど細くて長いパーツは折らないように気をつけて扱いましょう。

パーツ切りから組み立ての所要時間は1~2時間程度です。

スミ入れはアクアブルーのパーツに行いました。肩のアクアブルーのパーツにはミゾがありますが、この部分はブラックのガンダムマーカースミ入れ用を使用することでディティールがアップします。手軽にできるので絶対やった方がいいですね。

他にもスミ入れする箇所を説明書などを見ながら全体のバランスを考えて行うと良いと思います。

個人的にガンダムヴィダールはスタイリッシュなイメージがあったのですが、実際にガンプラとして作ってみると意外と足(膝)にゴツいパーツが付いていたりと新しい発見がありました。

もちろんこのゴツいパーツはポージングで邪魔になることは無いので、強そうなイメージはしっかり表現できます。

付属の武器はサーベル、ライフル、ハンドガンと様々あるので、ポージングのバリエーションが広がります。

特にハンドガンの二丁拳銃は他のガンプラには無いカッコ良いポーズを決めることができますよ!

今後の改造予定としては、ウェザリングで汚すよりも各パーツのクオリティをアップしていきたいと思います。

ガンダムヴィダールは値段も安くてパーツ数も少ないので、手軽にカッコ良く作れる優秀なガンプラでした!

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HG ガンダムヴィダール(機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ

▽ガンダムマーカー スミいれ用 ブラック 極細タイプ

▽アクションベース 2 ブラック