シェアする

【ガンプラレビューブログ】HGUC シャア・アズナブル専用 ズゴック(機動戦士ガンダム)

ズゴック

ピコ(@gunpla3)です!

今回は「機動戦士ガンダム」よりHGUC シャア・アズナブル専用 ズゴックのガンプラをレビューします!

HGUC シャア・アズナブル専用 ズゴックの基本情報

機動戦士ガンダムに登場する水陸両用モビルスーツ「シャア専用ズゴック」を、カトキハジメによってリニューアルされたデザインを基に1/144スケールでリアルに3D化したプラモデルです。
独立したパーツ構成による手足の多関節の再現をはじめ、各部のフレキシブルな可動により大胆なアクションポーズをとることができます。
(この商品は組み立てキットです。)
(Amazonより)

機体名(MS):シャア・アズナブル専用 ズゴック
登場作品:機動戦士ガンダム
グレード:HGUC
スケール:1/144
発売日:2006/10/11

組み立て(素組み)

パーツ一覧。パーツ数も少ないので作りやすそうですね。

関節部分のパーツが多いので、無くさない様にパーツ切りしましょう。

ズゴック

部分的に組み上げた状態。関節パーツがそれぞれ似ているので何度も間違えそうになりました。(汗)

説明書をしっかりと確認しながら進めましょう。

ズゴック

仕上げ(スミ入れ・塗装・ウェザリング)

スミ入れは「ガンダムマーカー スミ入れ用・グレー」を使用。

胴体のピンク色の部分はグレー色で丁度よいですが、手足の濃い赤色部分は目立たないので重ねて塗りました。

ズゴック

ガンプラ・ポージング・ギャラリー

ズゴックはどっしりとしたシルエットなので、インパクトも大きいです。

三つ又に開く爪もズゴックの特徴で強そうですね!

ズゴック

ズゴック

ズゴック

HGUC シャア・アズナブル専用 ズゴックのガンプラレビュー

今回は「機動戦士ガンダム」よりシャア・アズナブル専用 ズゴックを制作しました!

箱のサイズは小さめで、パーツ数も少ないですね。

シャア専用なので、カラーリングは赤がメイン。足などのゴツめのパーツ、手足の関節部分(?)など小さいパーツもあります。

シールは目と胸部のみだけなので、シール貼りはすぐにできそうです。

今回、パーツ切りは一気にやりましたが、手足の関節部分のパーツは非常に似ているので見分けるのが難しくなってしまいました…。

不慣れな人は一気に切り離さずに、説明書を見ながら順番に切ることをおすすめします。

2006年発売の古いガンプラですが、組み立て自体はさほど難しくありません。シールも少ないので、シール貼りが苦手な人でも大丈夫です。

少し気になったのは関節のボールジョイント部の嵌め合いが少し硬い印象です。あまり緩くてもポーズが保持できないので、これくらいが適切なのだと思いますが。

スミ入れはグレーかブラックで行いましょう。

ピンク色の頭部と胴体はグレーでも良いですが、手足の濃い赤色部分はグレーだと目立たないのでブラックの方が良いかもしれませんね。

全体的にずんぐりむっくりの体型なのでやはり存在感はあります。足の裏が広いので立たせた時の安定感は抜群!

両足がそれぞれ太いので、内側に閉じるのは苦手ですが、外に開くことは問題なくできます。

全てのパーツがガッチリとハマるのでポロリとパーツ落ちすることはありません。

武器などの付属品はありませんが、ズゴックなので仕方がないですね。

ズゴック単体ではなく、過去のファーストガンダム系のガンプラと並べたくなります。

以前ジムも作ったのであのシーンを再現したい。(笑)

この後はウェザリング加工をしていきたいですが、ズゴックは水中行動もできるモビルスーツなので、土臭く汚しても良いものか迷いますね…。

ファーストガンダムファンはもちろん、値段も安いので練習用としてもピッタリのガンプラです。

制作したガンプラと使用工具、マーカーなど

▽HGUC シャア・アズナブル専用 ズゴック(機動戦士ガンダム)

▽タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー

▽ガンダムマーカー スミいれ用 グレー 極細タイプ